矢印代わりの引越し
矢印代わりの引越し
ホーム > 塗装工事 > 屋根の塗り直しって15年経ったらやらなきゃいけないらしい!

屋根の塗り直しって15年経ったらやらなきゃいけないらしい!

index.jpg

この間旦那の実家に帰った時の話。

お義父さんから「お前たちの家ちゃんとメンテナンスしてるのか?」

と言われて。私達ポカーンw

何でも、屋根や外壁は築15年程経ったら塗装工事等のメンテナンスを行わなくてはいけないんだとか。

そんなお義父さんの指摘から、屋根と外壁のリフォームを計画する事になったんです。

3社に見積り依頼したけれど、それぞれ言う事が違う!

もう自宅は築16年。だから早速次の日も夫が休みだった事も有り、複数の会社に連絡を入れました。

チラシなどで見かけた業者や、ネットで良さそうな会社をいくつか見つけて。

参考:船橋市で外壁塗装を行う基礎知識

合計3社ほどに問合せを行って、次の週に現場を確認してもらう事に。

実際に来てもらって話を聞いたんですが、なんだかんだでそれぞれの業者さんが言ってる事が違うんです笑

結局「餅は餅屋!」塗装職人さんの提案が一番しっくりきました

現場を見てもらってから、さらに一週間前後経ってから、各会社さんが見積りを提出&説明に来てくれました。

その時、A社は最新の化学塗料を使うから20年持つとの提案。けれども、発売されてから20年経ってないシロモノw

B社は、やたら高額な塗料を勧めてくる。営業マンって感じの方でこちらの質問はさらっと流されて、色々悶々とした感じに。

C社はセールスマンでは無く、実際の塗装職人さんが対応してくれて。なんでこの塗料をウチは使った方が良いのか?部位ごとに材質を見てお勧めの塗料をそれぞれ提案してくれた。

やっぱり「餅は餅屋」。実際に話を聞いてみると違いますね。

結局、一番質問にも答えてくれて信頼できそうなC社に工事をお願いする事にしました。

塗装職人さんって、感じが悪いと思ってたけど「いい人」!

塗装工事の職人さん.jpg

工事期間前には近所に職人さんが挨拶に回ってくれて。

感じの良い人だね~と奥様達からは評判。

実際に工事の最中も、挨拶とか元気にしてくれる上、工事の進み具合とかも教えてくれて助かりました。

初めての屋根・外壁リフォームでしたが、かなり良い業者に当たって大満足!

屋根・外壁リフォームを終えて旦那と話した事

工事が終わった日、ちょっとしたパーティーをお義父さんお義母さんを呼んで開催。

本当にキレイになったね~と二人とも言ってくれました。

最初は一括見積もりサイト等も検討したけれど、結局アレはピンハネされて終わるだけってお義母さんが教えてくれてお陰で良い工事ができました。

みんなも注意してね!